BudoOmu-zu(iPhone7/8)
優艶で色気のあるブラック
淡くまばゆい光を放つシャンパンゴールド
繊細な糸菊の柄
拡大
日本画家 中野大輔氏
中野大輔氏 代表作

BudoOmu-zu(iPhone7/8)

江戸の絵師達からも愛されていた鳥


日本画家 中野大輔氏とのコラボレーションモデル。
"葡萄鸚鵡図"

日本には生息していない鸚鵡。
古くは飛鳥時代、大化三年(647年)新羅から贈り物として日本に来ていたことが『日本書紀』に記されているようです。
外国から友好の品として、天皇や一部の特権階級にだけが目にすることが
できる様な特別な鳥でした。
その愛らしさと、美しさから、古くから愛され続けている鸚鵡は
江戸の絵師達が描く事も多かったようです。
日本に船来し、1370年以上経った今でもその愛らしさは変わる事なく
現代も愛されています。


カラー

シルバー、ブラック、シャンパンゴールド

プロフィール

日本画家 中野大輔

日本画の素材に惚れ
様式に魅せられ
動植物の放つ
いのちの波動を受けとって
日々、描く自身もまた
ひとつのいのち。

1974 京都生まれ
1995 日本表現派 初出品
(以後毎年出品
奨励賞2回、新人賞、同人賞、日本表現派賞 受賞
1998 松井牧牛主宰 牧心会 入塾
2008 新世紀の顔・貌・KAO -30人の自画像-
2012 個展「さわる。深く。」KOBE 須磨きらくえんギャラリー
2013 個展「生きる。放つ。」KOBE 須磨きらくえんギャラリー
「二葉葵展」 上賀茂神社
個展「つむぐ 日々」 芦屋 ギャラリー開雄
2014 個展「花 聴こえる。」KOBE 須磨きらくえんギャラリー
「二葉葵展」 上賀茂神社
個展「中野大輔日本画作品展」白鶴美術館
個展「中野大輔日本画作品展」Gallery De ROOM 702

A bird loved by the master artists of the Edo Period

Created in collaboration with Nihongo artist Daisuke Nakano.
Budo Omu-zu

Not native to Japan, the first parrot arrived here in the year 647 as a gift from the Silla dynasty, an event recorded in the Nihon Shoki (Chronicles of Japan).
As a present from a foreign kingdom, it was a rare and special bird that could only be witnessed in person by the emperor or high-ranking aristrocrats.
Its charm and beauty won the hearts of the people from olden times, and it became a favorite subject for the master painters of the Edo Period.
This unique and fascinating bird is still loved to this day, almost fourteen centuries since its arrival on these shores.

Profile
Daisuke Nakano, Nihonga Artist

Having fallen in love with Japanese materials,
moved by forms,
taking in the waves of life
given off by flora and fauna,
and drawing them each day, I too
am a single life.

1974 Born in Kyoto
1995 First submission to the Nihon Hyogen Ha
Submitted works every year thereafter,
Winning the Encouragement Prize (twice), Newcomer Prize, Dojin Prize, and Nihon Hyogen Ha Prize
1998 Entered the 牧心会 under 松井牧牛
2008 Shinseiki no Kao (Faces for the New Generation) / KAO: Thirty Self Portraits
2012 Exhibition: Sawaru. Fukaku. (“Touch. Deeply.”) at Kobe Suma Sakuraen Gallery
2013 Exhibition: Ikiru. Hanatsu. (“Live. Release.”) at Kobe Suma Sakuraen Gallery
Futaba-aoi Exhibition at Kamigamo Shrine
Exhibition: Tsumugu hibi (“Tapestry of Days”) at Ashiya Gallery 開雄
2014 Exhibition: Hana kikoeru (“Hear the Flowers”) at Kobe Suma Sakuraen Gallery
Exhibition: Daisuke Nakano Nihonga Exhibition at Hakutsuru Museum
Exhibition: Daisuke Nakano Nihonga Exhibition at Gallery De ROOM 702

▶http://www.nakano-daisuke.com/
品番:
MC4206-B~MC4207-S
価格:
5,400~19,440 円(税込)
色(B,S,C):
セット:
数量: